マレーシアでは人差し指はマナー違反!グーググーでもチッチキチーでもなかった!指された人には悪魔が宿る?

イスラム教マナー

 

マナーは

知らなきゃ損する!

 

私たちが、普段、公共の場で行動をする際

マナーを守り、お互いの事を思いやって

過ごしています。つまりこれは、常識ですね。

 

勿論、海外にきたら、

その国のマナーを守らなければなりません。

 

これも常識です。

 

 

1.右手を使うのがマナー

 

イスラム教では左手は不浄なものとされています。

現地の人と一緒に食事をする際や、物を渡す時には、

左手を使ってはいけません。

 

イスラム教では、

左手を使うのはマナー違反なのです。

必ず、右手を使ってください。

 

2.異性に握手を求めないのがマナー

 

マレーシアでは、初対面の男性が

現地の女性に握手を求めることは

タブーとされています。

 

初対面の女性が自発的に握手を求めてきたら

握手に応じるのがマナーです。

逆に、日本人女性が初対面のマレーシア男性に

握手を求めると

 

「この女の子、ボクに気があるのかな?」

なんて思われても仕方のない事になります。

 

3.何かを人差し指でささないのがマナー

 

マレーシアでは何かを指し示すときに

 

右手の親指を使い、

人差し指は使いません。

 

マレー語では人差し指は「お化けの指」といって、

指された人には悪魔が宿るとされています。

わぁぁぁぁ――――。

これをお読み頂いた方は、ラッキーです。

無知ほど、怖いものはありません。

 

人差し指の代わりに使うのは右手の親指です。

現地に来たらその指を注意深く観察してみてください。

 

お互い気持ちよく過ごす為にも

現地のマナーは知っておくべきですね!

もう一度言いますが、無知ほど怖いものはありません。

 

 

 

 

 

 

 

2016.11.02